Menu 
2016年 9月 6日
川崎市、掛川市の協力を得て、住民対話型AIによる問い合わせ対応サービスの実証実験を開始

-株式会社三菱総合研究所、株式会社アスコエパートナーズと共同で実施-


ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売を行うイナゴ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ロン・ディカールアントニオ、以下「イナゴ」)は、川崎市、掛川市の協力を得て、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「MRI」)、株式会社アスコエパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安井 秀行、以下「アスコエパートナーズ」)と共同で、住民対話型人工知能(AI)による問い合わせ対応サービス「AIスタッフ」(仮称)の実証実験を開始します。

今回、実証実験を行う「AIスタッフ」(仮称)は、利用者が質問を投げかけるとAIが回答し、これを繰り返すことで、利用者が知りたい情報にたどり着けるサービスです。イナゴは対話型アシスタントプラットフォーム「netpeople(ネットピープル)」を提供し、MRIが推進するAI・ロボットを活用した行政支援サービスに貢献します。 MRIでは、今回の実証実験の成果をもとに、2017年4月を目処に本格サービス化を検討します。サービスは多数の自治体にクラウド型で提供することで、できるだけ安価なサービスとする予定です。また、問い合わせデータを蓄積・活用することで、データに基づく政策決定など、行政の高度化を目指します。さらに、行政窓口でのロボット活用の可能性なども検討していきます。


■実証実験の概要

  • 実証実験期間: 2016年9月6日(火)- 9月30日(金)
  • ご協力いただく自治体: 川崎市、掛川市
  •  (両市以外にも、関心のある自治体職員に利用していただき、意見・要望等を伺います。)
  • 実証実験期間中に、市民、自治体職員に利用していただき、アンケート及びヒアリングでご意見を伺い、サービスに対するニーズや要望などを把握して今後の事業化検討の参考とします。また、AIの回答に対する満足度をもとに調整を行い、回答の精度を高めます。
  • 実証実験は、両市の協力のもと、株式会社三菱総合研究所、株式会社アスコエパートナーズと共同で行います。


イナゴは、音声対話アプリケーションサービスの分野において、10年以上にわたる経験とノウハウを持ち、単なる音声検索型のコンシェルジュサービスや検索サービスにはない、次世代を見据えたユーザーオリエンテッドな対話型アシスタントプラットフォーム「netpeople」(ネットピープル)を提供しています。独自のゴール共有型会話機能(Goal-Oriented Conversation)*、文脈把握技術、自然言語理解技術等により、ユーザーとの対話を通して、ユーザーのやりたいことの意図をくみ取り、積極的に質問をしながらユーザーが欲しい情報を絞り込んでいくアシストを行います。話題が変わっても、必要な情報を判断して、その情報を引き継ぎながら、柔軟にアシストすることが可能です。スマートフォン、カーナビをはじめとする情報端末から、家電にも対応し、ユーザーとの生きたコミュニケーションの活性化を支援しています。 *特許出願中


図1 「AIスタッフ」(仮称)の実証実験 図1 AIスタッフ(仮称)実証実験



会社概要
会社名:イナゴ株式会社
    http://www.inago.com/ja
設 立:2000年
代表者:Ron DiCarlantonio(ロン・ディカールアントニオ)
所在地:東京都港区麻布十番1-4-5 深尾ビル5F
事業内容:ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売

本リリースに関するお問い合わせ先
イナゴ株式会社 担当:風見/李(リ)
E-mail: support@inago.co.jp

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。