イナゴ(株)のクラウド型自然対話システム「netpeople」をNTT西日本の「光BOX+」が採用 テレビでの利用は国内初*1

-テレビを活用した対話型検索サービスを3月4日(火)より開始- ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売を行うイナゴ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ロン・ディカールアントニオ、以下、イナゴ)は、ユーザーと音声会話をしながら欲しい情報を絞り込むことができる、同社独自開発の自然対話型エージェントシステム「netpeople」を、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊、以下、NTT西日本)が提供する、テレビを活用した対話型検索サービスとしては国内初*1となる音声対話型コンシェルジュアプリ「スマートナビットさん」に技術提供いたしました。NTT西日本は自社のセットトップボックス「光BOX+」*2(情報機器)に音声による検索機能を追加し、テレビに登場するキャラクター「スマートナビットさん」と対話*3しながらweb検索ができる機能を3月4日(火)より提供します。 今回の発表についてイナゴのロン・ディカールアントニオ代表取締役は次のように述べています。 「この度は、NTT西日本様への弊社netpeople技術の提供により、対話型アシスタントサービスが家電分野に進出できることを大変うれしく思います。音声対話は、面倒なリモコンでのテキスト入力の代わりに、声で家電を簡単に操作できる非常に便利なコミュニケーションツールであり、一度利用していただければ、その便利さをみなさんに実感していただけるはずです。netpople技術で、テレビをはじめとするスマート家電がより一層便利になるよう、これからも技術革新を進めてまいります。」 イナゴは、音声対話アプリケーションサービスの分野において、10年以上にわたる経験とノウハウを持ち、単なる音声検索型のコンシェルジュサービスや検索サービスにはない、次世代を見据えたユーザーオリエンテッドなスマートデジタルアシスタント技術「netpeople」を提供しています。独自のゴール共有型会話機能(Goal-Oriented Conversation)*、文脈把握技術、自然言語理解技術等により、ユーザーとの対話を通して、ユーザーのやりたいことの意図をくみ取り、積極的に質問をしながらユーザーが欲しい情報を絞り込んでいくアシストを行います。該当する情報が見つからない場合は、条件範囲を広げるようユーザーを促します。また話題が変わっても、必要な情報を判断して、その情報を引き継ぎながら、柔軟にアシストすることが可能です。スマートフォン、カーナビをはじめとする情報端末から、テレビなどの家電にも対応し、ユーザーとの生きたコミュニケーションの活性化を支援しています。 *特許出願中 また、一般向けサービスとして、アンドロイド端末用パーソナルアシスタントアプリケーション「mia powered by netpeople」(ミア パワードバイ ネットピープル、以下、mia)を提供しています。miaは、レストラン検索、地域情報検索、天気情報や乗り換え案内、スケジュール登録、メール作成、音楽再生などを、音声で対話しながらサポートしてくれるかわいいアシスタントです。miaとの対話は、音声入力でもテキスト入力でもどちらの方法でも話すことができ、スマートフォンの画面上で詳細情報が見られるモバイルモードに加え、運転中でもmiaを使うことができるドライブモードを搭載しており、ご利用状況に合わせて、モードを自由に切り替えてお使いいただけます。 今後もコンテンツをさらに増やし、機能を充実していくとともに、イナゴ独自の機能を活かした広告ビジネスモデルの開発、海外市場への展開を推進していきます。コンピュータを単なるツールとしてではなく、何でも話せる友人として付き合える世界の構築を目指していきます。 *1 NTT西日本調べによる *2 テレビでwebブラウザーや動画などのアプリケーションをご利用いただけるセットトップボックスです。 NTT西日本「光BOX+ HB-1000」の詳細は、下記リンクをご参照ください。 http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/ *3「スマートナビットさん」の音声には、株式会社エーアイの音声合成AITalk(R)を使用しています。 AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。 ● 3つの特徴 (1) 人間の声に近い自然な音声 (2) 20分~5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能  ※1:個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。  ※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。  ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成法方をご提案いたします。 (3) 豊富な話者のラインナップ ● 株式会社エーアイホームページ http://www.ai-j.jp/ ◆会社概要 会社名:イナゴ株式会社 http://www.inago.com http://www.netpeople.co 設立:2000年 代表者:Ron DiCarlantonio(ロン・ディカールアントニオ) 所在地:〒106-0045 東京都港区麻布十番1-4-5 深尾ビル5F 事業内容:ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売 mia powered by netpeople ダウンロード ◆本リリースに関するお問い合わせ先 イナゴ株式会社 担当:風見/李(リ) E-mail:support@inago.co.jp […]

Read More…

NECパーソナルコンピュータの音声対話アプリケーション「アシストVoice」にイナゴの「netpeople」技術が採用

-Windows 8.1対応、2014年2月14日よりダウンロード販売を開始- ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売を行うイナゴ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ロン・ディカールアントニオ、以下 イナゴ)の自然対話型エージェントシステム「netpeople」(ネットピープル)が、NECパーソナルコンピュータ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 執行役員社長:ロードリック・ラピン)の、Windows 8.1対応の音声対話アプリケーション「アシストVoice」に採用されました。 「アシストVoice」は、イナゴの「netpeople」が提供するユーザーとの会話機能や文脈把握技術を備え、パソコン画面内に現れるアシスタントキャラクタ「パイロ」がユーザーの欲しい情報を会話から理解し、最適と思われるWeb検索結果を提案します。また、音声でアプリを起動したり(注1)、音声で文字を入力することもできます(注2)。 「アシストVoice」の自然な対話機能により、パソコン操作に不慣れな方や、キーボードによる文字入力が苦手な方でも、今まで以上に便利にパソコンを利用いただけます。 「パイロ」の声には、株式会社エーアイの高品質音声合成エンジンAITalk(R)(注3)を搭載し、より人間らしく自然な音声を実現。パソコンとの会話を楽しみながら快適に情報検索ができます。 「アシストVoice」に関する詳しい情報は、121wareサイトをご覧ください。 「アシストVoice」ダウンロード販売のご案内:http://121ware.com/navigate/support/info/20140214/ イナゴは、音声対話アプリケーションサービスの分野において、10年以上にわたる経験とノウハウを持ち、単なる音声検索型のコンシェルジュサービスや検索サービスにはない、次世代を見据えたユーザーオリエンテッドなスマートデジタルアシスタント技術「netpeople」を提供しています。独自のゴール共有型会話機能(Goal-Oriented Conversation)*、文脈把握技術、自然言語理解技術等により、ユーザーとの対話を通して、ユーザーのやりたいことの意図をくみ取り、積極的に質問をしながらユーザーが欲しい情報を絞り込んでいくアシストを行います。該当する情報が見つからない場合は、条件範囲を広げるようユーザーを促します。また話題が変わっても、必要な情報を判断して、その情報を引き継ぎながら、柔軟にアシストすることが可能です。パソコン、スマートフォン、カーナビをはじめとする情報端末から、テレビなどの家電にも対応し、ユーザーとの生きたコミュニケーションの活性化を支援しています。 *特許出願中 また、一般向けサービスとして、アンドロイド端末用パーソナルアシスタントアプリケーション「mia powered by netpeople」(ミア パワードバイ ネットピープル、以下 mia)を提供しています。miaは、レストラン検索、地域情報検索、天気予報や乗換案内、スケジュール登録、メール作成、音楽再生などを、音声で対話しながらサポートしてくれるかわいいアシスタントです。miaとの対話は、音声入力でもテキスト入力でもどちらの方法でも話すことができ、スマートフォンの画面上で詳細情報が見られるモバイルモードに加え、運転中でもハンズフリーで操作可能なドライブモードを搭載しており、ご利用状況に合わせて、モードを自由に切り替えてお使いいただけます。 今後もコンテンツをさらに増やし、機能を充実していくとともに、イナゴ独自の機能を活かした広告ビジネスモデルの開発、海外市場への展開を推進していきます。コンピュータを単なるツールとしてではなく、何でも話せる友人として付き合える世界の構築を目指していきます。 (注1)予め登録されたアプリケーションに限られます。 (注2)テキスト入力可能なアプリケーションを起動しておく必要があります。 (注3)AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。 ●3つの特徴 (1) 人間の声に近い自然な音声 (2) 20分~5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能  ※1:個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。  ※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。  ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成法方をご提案いたします。 (3) 豊富な話者のラインナップ ●株式会社エーアイホームページ http://www.ai-j.jp/ ◆会社概要 会社名:イナゴ株式会社 http://www.inago.com http://www.netpeople.co 設立:2000年 代表者:Ron DiCarlantonio(ロン・ディカールアントニオ) 所在地:〒106-0045 東京都港区麻布十番1-4-5 深尾ビル5F 事業内容:ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売 mia powered by netpeople ダウンロード ◆本リリースに関するお問い合わせ先 イナゴ株式会社 担当:風見/李(リ) E-mail:support@inago.co.jp ◆株式会社エーアイ製品に関するお問い合わせ先 株式会社エーアイ 担当:藤本 […]

Read More…

FUJITSU TEN announced their development of English-version Prototype of “Interactive Voice-Recognition Car Navigation Unit”

[News] Tokyo – February 17, 2014 FUJITSU TEN LIMITED, developer of the “ECLIPSE” car navigation brand, has developed a prototype model of the English version of the “Interactive Voice-Recognition Car Navigation Unit” which uses iNAGO’s netpeople technology. The prototype will be displayed as a part of the FUJITSU LIMITED booth at the “The 2014 GSMA […]

Read More…

富士通テン(株)の英語版「対話型音声認識カーナビ」試作開発 ― イナゴの「netpeople」技術を採用

―世界最大級の携帯電話関連展示会Mobile World Congress 2014へ参考出展― ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)の技術開発・販売を行うイナゴ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ロン・ディカールアントニオ、以下 イナゴ)は、富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:重松 崇、以下 富士通テン)の、スマートフォン専用アプリケーション(対話型エージェントアプリ)をセンターサーバーにつないで検索する英語版「対話型音声認識カーナビ」の試作機開発において、イナゴの自然対話型エージェントシステム「netpeople」が採用されたことを発表いたしました。 試作機は、2014年2月24日(月)~27日(木)にスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の携帯電話関連展示会「Mobile World Congress 2014」の富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 正已)ブースに参考出展されます。 同様の音声対話で検索できるカーナビは、既に日本向けに富士通テンのECLIPSEブランドで発売されています。富士通テンでは、今回の出展でグローバルなお客様ニーズのキャッチアップに努め、需要動向等を見ながら、世界での商品化に向けた検討、開発を進めていく予定です。 【富士通テン:対話型音声認識カーナビの特長】 ・定型語でなくても自然な話し言葉で認識する ・結果を音声で返す ・条件を追加しても文脈を理解して検索する(絞り込んでいける) ・音声で目的地が設定できる 【富士通テン:対話型検索の仕組み・特長】 カーナビ専用のマイクに話しかけると、施設や天気予報を検索して車載用のスピーカーを通して音声で知らせます。 音声対話に必要な処理を全てセンターサーバーで行うことで、以下の特長を実現しています。 (1) 音声認識の前処理として必要な発話区間抽出や、車載環境固有のノイズ除去を高精度に実行 (2) 膨大な認識辞書データベースを活用した、自然発話形式での音声認識を実現 (3) 高度な意味理解、推論エンジンを用い、話者の発話内容や意図を推定 (4) 様々なコンテンツや、最新かつリアルタイムの情報を用い、話者の要求に応じた処理を実行 (5) 膨大な発話辞書データベースを用い、実行結果や検索結果を、自然な発話で応答 イナゴの「netpeople」技術は、(3)および(4)にあたる意味理解の解析に使用されています。 イナゴは、音声対話アプリケーションサービスの分野において、10年以上にわたる経験とノウハウを持ち、単なる音声検索型のコンシェルジュサービスや検索サービスにはない、次世代を見据えたユーザーオリエンテッドなスマートデジタルアシスタント技術「netpeople」を提供しています。独自のゴール共有型会話機能(Goal-Oriented Conversation)*、文脈把握技術、自然言語理解技術等により、ユーザーとの対話を通して、ユーザーのやりたいことの意図をくみ取り、積極的に質問をしながらユーザーが欲しい情報を絞り込んでいくアシストを行います。該当する情報が見つからない場合は、条件範囲を広げるようユーザーを促します。また話題が変わっても、必要な情報を判断して、その情報を引き継ぎながら、柔軟にアシストすることが可能です。スマートフォン、カーナビをはじめとする情報端末から、テレビなどの家電にも対応し、ユーザーとの生きたコミュニケーションの活性化を支援しています。 *特許出願中 また、一般向けサービスとして、アンドロイド端末用パーソナルアシスタントアプリケーション「mia powered by netpeople」(ミア パワードバイ ネットピープル、以下 mia)を提供しています。miaは、レストラン検索、地域情報検索、天気予報や乗り換え案内、スケジュール登録、メール作成、音楽再生などを、音声で対話しながらサポートしてくれるかわいいアシスタントです。miaとの対話は、音声入力でもテキスト入力でもどちらの方法でも話すことができ、スマートフォンの画面上で詳細情報が見られるモバイルモードに加え、運転中でもハンズフリーで操作可能なドライブモードを搭載しており、ご利用状況に合わせて、モードを自由に切り替えてお使いいただけます。 今後もコンテンツをさらに増やし、機能を充実していくとともに、イナゴ独自の機能を活かした広告ビジネスモデルの開発、海外市場への展開を推進していきます。コンピュータを単なるツールとしてではなく、何でも話せる友人として付き合える世界の構築を目指していきます。 【Mobile World Congress 2014 開催概要】 会期:2014年2月24日(月)~27日(木) 開催地:スペイン・バルセロナ 会場:フィラ・グランビア 主催:GSMA Limited. 【富士通テンについて】 富士通テン株式会社は、富士通・トヨタ自動車・デンソーが出資する自動車用電子機器の大手メーカーです。カーナビゲーション・オーディオをはじめ、ハイブリッド車のエンジンやモーター、エアバッグ制御のECU(電子制御装置)、移動通信システムのメーカーとして世界的に知られています。また、カメラやミリ波レーダーで車両から障害物を検知するセンサー技術の開発に力を入れています。これら製品を、トヨタ自動車をはじめとする世界の自動車メーカー各社に純正納入しています。当社の特長である優れた車載化技術と富士通グループが保有するICT技術との融合により、人と車、社会と車をつなぎ、自由で快適なモビリティ社会の実現に貢献します。http://www.fujitsu-ten.com/ ◆富士通テンに関するお問い合わせ先 […]

Read More…

日経新聞朝刊「起業の軌跡」で ロン ディカールアントニオが紹介されました。

2013年12月16日 : 東京 2013年12月16日の日経新聞朝刊13面の連載記事「起業の軌跡」に、イナゴの創設者兼CEO・ロン ディカールアントニオが紹介されました。 ロンがヒューマン・コンピュータインタラクション(HCI)に興味を持ち、イナゴを設立し現在に至るまでの半生が描かれています。 記事全文は日経新聞電子版よりご覧いただけます。(会員登録が必要となります) […]

Read More…

Award Wining Technologies

TU Automotive Awards
Voice Summit Awards 2019